食事療法 | 年々増加する痛風患者と食事の関係を知ろう

年々増加する痛風患者と食事の関係を知ろう

薬を飲むとこんな症状が?

食事療法

痛風の治療というと食事制限以外にありません。食事を変えなければ尿酸値は下がりませんから、まずは尿酸の元となってしまうプリン体がたくさん含まれている食品を把握することから始める必要があります。
まず痛風になった患者さんたちが揃って好きなものにお酒があります。特にプリン体が多く含まれているのはビールです。最近ではプリン体オフの商品も登場していますが、体からアルコール類の誘惑を抜くためにも飲むことはオススメしていません。
お酒が飲みたいのであれば蒸留酒がオススメです。これらはプリン体の含有量が非常に少なくなっています。焼酎やウイスキーにブランデーなどを少量楽しむようにお酒の趣向をかえて下さい。
また、飲み物だけでなく食べ物もそうです。ひものだったりしらこだったりの魚介類は全てアウトとなっています。牛や豚のレバーもNGですから、魚卵や魚介類に内臓系の食品が好きな人にとっては辛い制限になってしまいます。お酒にあてとしてしらこなどの肝系を食べていた人はプリン体+プリン体となっていますから痛風にかかりやすいです。
痛風になりにくいプリン体が少ない食品というと、うなぎ、肉類、緑の野菜です。
ねりものやウインナーに豆腐などもOKです。プリン体の多い、非常に多いと分類される食品以外ならなんでも食べることができますから、痛風の食事制限はそこまで不便な思いをすることはありません。しかし、痛風を治療しないでそのまま進み、腎臓に障害が出るようになれば大変です。
早め早めの治療を心がけるようにして下さい。