原因とは | 年々増加する痛風患者と食事の関係を知ろう

年々増加する痛風患者と食事の関係を知ろう

薬を飲むとこんな症状が?

原因とは

どうして痛風という病気は発生するのか、それは尿酸の上がりすぎにあります。尿酸というのは食品のプリン体を体内へ取り入れ、栄養として利用するために分解するときに発生するゴミです。このゴミは尿として排出されるために尿酸タンクのような場所に送られ、ある程度貯まれば尿として排出されて綺麗になります。
しかし、あまりにも尿酸値が高い食事ばかりしていれば、尿酸タンクがすぐいっぱいになります。しかしそんなに次から次へと尿はできませんから、結果尿酸値の割合が高くなりすぎて排出街をしているときに体内へ再吸収されてしまうようになるのです。再吸収された尿酸は血管を通って全身に流れだし、やがては臓器を傷つけてしまうようになります。痛風による関節炎はその第一症状であり、特に対策をしなければこの問題はどんどんと大きくなってしまいます。
食品から摂取するプリン体だけではそう簡単に痛風にかかるものではありません。よほどプリン体の多い食事によりかかっているか、尋常ではない量を暴飲暴食しているかのどちらかをしなければ、そう簡単に人間の体は不具合を起こすようにはなっていません。現在日本で痛風と診断されている人の8割以上がお酒好きであり、お酒から摂取しているプリン体が原因となって痛風にかかっている場合が多いです。
食べ物ならば満腹による終わりがありますが、アルコールはそうそうお腹いっぱいにならないばかりか、お酒自体が好きな人は無限に飲んでいられるなんてこともあります。プリン体が高いお酒を長い時間飲み続ける、毎日飲むなどしていれば、当然体内は高尿酸血症状態になります。これを数年間継続すれば痛風になってしまう条件はすっかり満たしてしまうようになるのです。